印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


〒782-0031 高知県香美市土佐山田町東本町5-3-26
TEL/FAX : 0887-53-4034

HOME > 岩崎勇 写真集 > ぼくの県展回顧録 NO.8

【ぼくの県展回顧録】 第32回 昭和53年(1978)高知県展              NO.8

クラブの一人歩きが始まる

 前年の夏のころまでクラブの月例会を見ていただいていた県展無鑑査の大野数英氏が去り、いよいよ自力飛行をしなければならなくなっていた。さてどんな飛び方ができるかは、皆目見当もつかなかったのだが、無難に第31回をクリヤーしたことで弾みはついていた。今まで通りの互選で得点を加算し、そして最終的にはぼくの主観を加え、浅い経験ながらもぼくの写真術を交えた批評をして締める、という月例会の運びをつくった。月例会に参加する16人のクラブ員の平均年齢がまだ30代ではなかっただろうか。手探りではあったが、そんな若さが取り柄のリーダーに、ぼくはなることができた。
 そのガッツのあるところを示さんがため、挑戦のいくつかを試みた。春のニッコール中国四国ブロック撮影会に参加した。種崎の波打ち際でモデル撮影した作品が、1550点近い応募作品中から2番目の準特選に選ばれた。当時の審査員三木淳、稲村隆正、細江英公らとの相性の良さが心に深く刻み付けられ、その後のぼくへの暗示となり、自信にもつながることになる。
 8月には、前年に日報連の撮影旅行で出かけたニューカレドニアの紀行写真展を月例会場の喫茶『ばら』で開催した。まだ、年間に何回も個展が催されることのない27年も前のことである。
 高知県写真家協会展『土佐』も4回目を迎え、上阪の下準備が固まった。

第32回 入選 「待避所」土佐山田町 繁藤 1978年

 ガッツと言えば、高新の「読者の広場」に次の一文を投書したことがある。
「真部、明石新婚の両君に輝く褒状」
3月真部和夫がふるさと高松で、続いて5月には明石正がめでたく結婚。県展では、この二人に祝福の褒状がプレゼントされた。と言うより、その年にはそれぞれ期するところがあり、パートナーに捧げる深い思い入れを込めた作品を撮っていた結果が報われたということだろう。
自作「土佐展」案内 クラブ員の多数が、両君とともに毎月『高新の写コン』に挑戦、結果的には、鉄道保安官をしていた新田澄雄氏が、特選2回、入選5回という見事な戦績を残し、岩崎フォトクラブの存在をアピールしたものだ。彼は手持ちのニッコールの80〜200ミリズームレンズ一本に賭けて、自らのスタイルを作り上げていた。
 明石は新婦の里、安芸市の市展では特選をものにした。思いどおりの力が発揮でき、運をしっかりと掴み、念じたままの成果に恵まれる、今にして思い返せば、若き日の情熱の産物であったにちがいない。
 さて、県展で展示されたこの年の作品はといえば、ほとんど内容に記憶が無いので題名だけを記すことにする。
 褒状入賞作品真部『雨季』。
 同じく、褒状は明石『サンセット』、入選で『夏』。
 入選は、吉田『雪中華』。三木『潮騒』。高橋『自分』。寺村『遍路』。浜田『寒い道』。矢野『千年地蔵』。猪野『ベンチ』。田原『仲間』。新田『女』。

万年褒状という不名誉  土佐清水市が総なめの特選

 ぼくの入選作品は『待避所』。28回展での『暗い歩み』もそうであったが、今回も皮肉な内容(ぼくの心象風景ともいえる)の作品が入選となった。7回の挑戦で褒状が4回、しかもここ3年連続で褒状を取ると、周辺から聞こえてくる言葉は「万年褒状じゃのう」というお定まりの評価と、「特選が、間近うなったのう」とする過大な評価の二つである。片や褒状を取るのは当然だと言わんばかり、片や特選を手中にするのは時間の問題だとされており、いずれもぼくにとっては呪縛にも似たプレッシャーである。どちらの期待にも添えない結果でもって、ぼくの8回目の挑戦は、霧のかかった『待避所』へ突っ込んでいったという結末だから皮肉としか言いようがない。「ニューカレドニアの人々」展示会場にてで、この年だけならば、まだいいのだが、さらに次の年へもこの屈辱が重くのしかかる。
 審査員は岩宮武二氏。ぼくはこの人の古都の造形美の魅せられたことがあった。審査講評は割烹「まつみ」であり、会費制に懇親会もプラスした、かつてない発表前夜だった。
 そして特選の3点が一地域から出るという前代未聞の結果が生じた。当時、土佐清水市のリーダーだった笹内政実氏が『不安』で無鑑査となり、その指導を受ける山岡征治氏が『星の宵』で、谷川経訓が『男』で初特選に輝いた。写真愛好クラブを率いるものの範として、地域に密着したリーダーの笹内氏を心底尊敬した。
 搬入者数348名。
作品点数は1450点(うちカラー296点)、組写真は250点を越し、入賞入選数は177点(うちカラー41点)、組写真は52点。